二重まぶた

二重まぶた

二重まぶた

二重の作り方
Q&A

二重瞼にしたい、瞼の整形を考えている形に抱くさまざまな疑問にお答えします。
キレイになりたい想いを大切にするのではなく、大切にするのはあなたの行動力です。ずっと悩んでいても解決することはありません。キレイになることだけを考え行動力のある自分を目指してみませんか?ここでは二重瞼の作り方に関するさまざまな情報をご案内します。是非参考にしてみて下さい。

一重瞼と二重瞼の違いって何ですか?
一重瞼と二重瞼の根本的な違いは挙筋腱膜の枝が皮膚まで伸びてしっかりと癒着しているか、癒着していないかの違いです。言葉で表現するのは難しいのですが、わかりやすく説明しますね。
瞼の構造ですが、瞼の筋肉というのは、まつ毛の近くにある瞼板と繋がっています。目を開けるというのは、筋肉がその瞼板を持ち上げることによって開きます。その際、瞼板だけが持ち上げられ皮膚が持ち上げられない状態、垂れ下がったままの状態は一重瞼ということです。
二重瞼というのは、瞼板が持ち上げられる時に皮膚も同時に持ち上げられるため二重瞼になるんです。
瞼の筋肉、眼瞼挙筋には挙筋腱膜という薄い繊維状の膜がくっついているのですが、その挙筋腱膜の先端部分は枝のように瞼の皮膚まで伸びています。その挙筋腱膜の枝が瞼の皮膚としっかり癒着していると、瞼板が持ち上げられると同時に挙筋腱膜の枝部分が皮膚も引っ張って持ち上げてくれます。これで二重瞼ができるんです。
人工的な二重瞼って不自然になりませんか?
いいえ、美容整形で作る二重瞼は不自然にはなりません。なぜなら、美容整形で作る二重瞼というのは瞼の中を処理します。瞼の中に癒着を作り皮膚の折り返しは自然のままにしますので仕上がりはすごく自然に仕上がるのです。
瞼のたるみを取って、同時に二重瞼を作ることはできますか?
もちろん可能です。方法には2通りあります。一つはオーソドックスに二重瞼のライン上を切開し、同時に余分な皮膚を取り除く上眼瞼切開という方法。
もう一つは眉の直下を切開すると同時に、余分な皮膚を切除(眉毛下切開)します。そうして埋没法か切開法で二重瞼を作るという方法です。どのような治療にするかというのは瞼のたるみの状態、希望する仕上がりによって違ってきますので医師のアドバイスを受けましょう。
厚ぼったい一重瞼です。スッキリとした二重瞼に出来ますか?
もちろん可能です。瞼の厚ぼったさですが、厚ぼったい原因となっている組織、眼窩脂肪がRoofという脂肪を取り除くことで瞼をスッキリと仕上げることができます。また、脂肪以外の結合組織を取り除くことでもスッキリとさせることができます。
アイプチを使っています。同じような二重まぶたにできますか?
もちろん同じような形の二重瞼、幅を同じように整えることは可能です。しかし、実際の仕上がりは少し違ってきます。アイプチは瞼の皮膚表面に接着剤を塗って皮膚を止めるのですが、美容整形の二重瞼は皮膚の中で癒着を作って皮膚を止めます。アイプチの場合、接着剤の厚みがあったり、接着剤を皮膚に塗ることで、皮膚に少し厚みが出てしまい二重瞼そのものに厚みが出てしまいます。しかし、美容整形で作る二重瞼は皮膚の中で癒着を作りますので厚みが出ることがなく仕上がりが自然です。
勘違いしている人も多いのですが。実際はアイプチで作る二重瞼よりも、美容整形で作る二重瞼の方が自然で美しいんです。
一生取れない二重瞼は作れますか?
もちろん、可能です。埋没法は糸で止めるだけですので取れてしまう可能性は否定できませんが、切開法の場合は癒着によって二重瞼を作りますので取れる心配はありません。ただし、加齢によって皮膚のたるみが出てしまった場合、二重瞼が取れることはありませんが、幅が狭くなることはあります。しかし、それは加齢ですので誰でもそうなります。