地下鉄の窓に映った顔

美容整形の扉

目の下のクマ・たるみ

美しさへの扉

地下鉄の窓に映った顔

陽が傾き始めた午後の地下鉄に揺られながら、さゆりは窓越しに自分の顔を見た。地下鉄の窓ガラスは薄暗い車内を映し出し、その中にぼんやりと浮かぶ自分の顔があった。ふと、さゆりはその顔に目を留めた。疲れ切った表情、目の下の深いくま、たるんだ頬…。「あれ?こんなに老けてたっけ?」と、自分でも驚くほど老け込んだ顔がそこにあった。

さゆりは34歳、都内の広告代理店に勤めるバリバリのキャリアウーマンだった。日々の仕事に追われ、忙しさにかまけて自分のことなど二の次にしてきた結果が、今の顔に表れているのだろう。だが、その現実を直視することは怖かった。目を背けたいと思ったが、窓に映る自分の顔から目を離すことができなかった。

地下鉄の揺れに合わせて、さゆりは心の中でも揺れ動いた。仕事は充実しているし、プライベートもそれなりに満足していた。しかし、このままでいいのだろうか?年齢を重ねることは避けられないが、少しでも若々しくありたいと願う気持ちは誰しも持っているものだ。それに、鏡を見て心から満足できない自分を見つめ続けるのはつらい。

美容整形という選択肢

さゆりはふと、美容整形のことを思い出した。友人が先日、ヒアルロン酸注入をして若返ったと言っていたのだ。彼女の明るい笑顔と自信に満ちた姿が頭に浮かんだ。「私も、あんな風になれるのだろうか?」さゆりは心の中でつぶやいた。

その日は一日中、仕事に身が入らなかった。心ここにあらずで、何度も手元の鏡を覗き込んでは、自分の顔を確認していた。「本当に老けたのかな…?」その問いは、自分自身への疑問というよりも、現実を受け入れたくないという心の叫びだった。

友人との再会

数日後、さゆりは美容整形を受けた友人、美咲と久しぶりに会うことにした。美咲は輝くような笑顔で現れ、その姿は以前の彼女とはまるで別人のようだった。目の下のくまもなく、肌は張りがあり、全体的に若々しい印象を受けた。

目の下のくま

「久しぶりだね、さゆり。元気だった?」と美咲が問いかける。

「うん、まあね。でも…ちょっと最近、自分の顔にショックを受けてさ。地下鉄の窓に映った自分の顔を見て、老けたなって思って…」

美咲は優しく微笑んだ。「わかるよ、その気持ち。私も同じだった。でも、思い切って美容整形を受けて本当に良かったと思ってる。自分に自信が持てるようになったし、毎日が楽しいよ。」

さゆりは興味津々で美咲に質問をした。「具体的にはどんな施術を受けたの?」

「私はヒアルロン酸注入とボトックス注射を受けたの。目の下のくまと、額のしわを改善するためにね。施術自体は短時間で終わるし、ダウンタイムもほとんどないから仕事にも影響が少なかったよ。」

カウンセリングの決意

美咲の話を聞いて、さゆりは美容整形への興味がますます湧いてきた。「私もやってみようかな…」そう思うと同時に、不安も感じた。痛みはあるのだろうか?周りの人たちはどう思うだろうか?

それでも、さゆりは決意を固めた。「まずはカウンセリングを受けてみよう。話を聞くだけなら、何も失うものはない。」彼女はインターネットで評判の良いクリニックを探し、予約を取った。

カウンセリングの日、さゆりは緊張しながらクリニックのドアを開けた。受付で名前を告げると、すぐに個室に案内された。担当医師は穏やかで信頼できる印象だった。

「今日はどういったお悩みでいらっしゃいましたか?」と医師が優しく尋ねる。

「最近、自分の顔が老けて見えるのが気になっていて…。特に目の下のくまとたるみが気になります。」とさゆりは正直に答えた。

医師は丁寧にさゆりの顔を観察し、細かく丁寧に具体的な改善方法を提案してくれた。

目の下のくま

「まず、目の下に膨らんで見えるのは『眼窩脂肪』って言う眼球を保護するのに全体を覆っている脂肪が出てきているんです。基本的にはその眼窩脂肪を取ることが最善の方法。手術が嫌と言うことなら、ヒアルロン酸注入で影っぽくなっているところを埋めると良くなります。あとはおでこのシワですかね。ボトックスで額のしわを緩和するのが良いでしょう。」とのこと。

施術の決意と結果

カウンセリングを受けたさゆりは、自分にとって最適な治療法を見つけたように感じた。医師の説明は納得できるものであり、リスクやダウンタイムについても詳細に説明してくれたことで、不安が和らいだ。

数日後、さゆりはヒアルロン酸注入とボトックス注射、そして下眼瞼脱脂の施術を受けることを決意した。施術の日、さゆりは再びクリニックを訪れ、緊張しながらも期待に胸を膨らませた。

施術は思ったよりもスムーズに進み、痛みもほとんど感じなかった。施術後、医師からのアフターケアの説明を受けたさゆりは、鏡に映る自分の顔を見て驚いた。目の下のくまが薄くなっている。何よりも、顔全体が若々しく見えた。先生から「ボトックスの効果は2、3日以降だからお楽しみに!」その一言は本当に嬉しかった。

「これが私?」さゆりは信じられない気持ちで自分の顔を見つめた。施術の効果はすぐに現れ、その結果に大満足だった。

新たな自信と未来

施術から数週間が経ち、さゆりの顔はますます自然な若々しさを取り戻していった。周りの友人や同僚からも「最近、なんだか若返ったね!」と言われることが増え、自信がついてきた。

「美容整形を受けることに不安もあったけど、やって本当に良かった。」さゆりは心からそう思った。今では、自分の顔を見るたびに前向きな気持ちになり、毎日が楽しく感じられるようになった。

美容整形は、単なる外見の変化だけでなく、自信と幸福感をもたらしてくれた。さゆりは、自分の決断に誇りを持ち、新たな人生の一歩を踏み出すことができたのだった。