脂肪吸引のリスクと問題点

脂肪吸引

脂肪吸引のリスク

実は恐ろしい脂肪吸引!?

– 安全な脂肪吸引のために –

脅すわけではありませんが、脂肪吸引にはさまざまなリスクや問題点が潜んでいます。大切なのはリスクを知ること。

一時的な副作用

脂肪吸引の術後に起こる問題、副作用ですが、比較的軽い、時間の経過で必ず消える問題です。完全に消失するには個人差はありますが、数日程度と考えて良いでしょう。

内出血

脂肪層には細かな血管が豊富にあります。吸引管によって傷つくことは仕方のないことですし、防ぐことは不可能です。内出血はほぼ全ての脂肪吸引で起こると考えて良いでしょう。クリニックのホームページによっては、特殊な方法で内出血を起こさない、ベイザーなどの使用で内出血がほとんど起こさないという表記をしているとこともあるようですが、脂肪吸引はブラインド手術です。血管が見えない状態で治療しますので防ぐことは不可能です。
無責任な表現を用いる美容外科というのは、治療に対し無責任な対応をとる可能性が極めて高いと考えて良いだろう。

腫れ

脂肪吸引の術後の腫れはほぼすべての方に生じる副作用と考えて良いでしょう。
腫れの期間は脂肪吸引の範囲、脂肪の吸引量に比例すると考えて下さい。

痛み

術後の痛みですが、持続的な痛みというのはありません。体を動かしたりする際に痛みを感じることはありますが、激痛となる痛みではありません。クリニックで処方されるお薬で十分コントロールすることが可能です。
クリニックによっては痛み止めのシールを処方される場合がありますが、非常に強い痛み止めの効果があります。

これら一時的な副作用はすべて長期化することはありません。数日〜10日程度で消失しますのでご安心下さい。

見た目の問題・リスク

表面の凹凸

仕上がりが不自然

重篤な副作用・リスク

麻酔事故

脂肪塞栓

関連情報