乳房縮小

大きな胸のコンプレックスは
大きな人じゃないと理解できないものがある!

大きな胸の女性が抱えているコンプレックス。胸の大きさは適度にちょっと大きなぐらいが美しくて魅力的。大き過ぎると見た目だけじゃなく普段の生活でも肩こりや腰痛など困ってくることも増える。もちろん、それ以上に周りの目も胸にいくし気になって仕方ない。
そんな大きな胸の悩みは美容整形『乳房縮小』で解消しませんか。
ここでは乳房縮小の方法、術後の経過、お勧めのクリニックをご紹介します。是非、参考にして下さい。

縮小

乳輪の周りの皮膚を円状に切開し、乳輪の両サイド、乳房の下の部位、下がっている部分の皮膚も含めて切除するのが一般的な施術になります。
傷跡は、乳輪周囲、乳房下溝、乳輪から乳房下溝に繋がる縦方向の傷がつきます。しかし、形成外科的に閉創・縫合を行いますので傷跡はできますが目立ちにくくなります。
又、胸を小さくするために、乳房縮小以外にも切開する前に脂肪吸引、皮膚を切除するときに同時に乳腺や脂肪を取り除くことも行います。
脂肪吸引の量や、切除する乳腺や脂肪量を調節によって、あるていどご自身のご希望サイズの胸にすることができ可視化しやすい状態にもなります。
形を整えるために垂れ下がった胸の余分な皮膚を大きく切開することができる事と、縦方向にも横方向にも小さくすることができ、形の綺麗なバランスの良い胸にすることができます。
乳輪が大きい人の場合は、乳輪の外側周囲を切開して縫縮するため、同時に乳輪縮小の施術も可能になります。
例えば、乳腺を切除する際は、乳輪の下の乳腺をある程度残すことにより、授乳機能を失うことなくすることができます。
今後、妊娠、出産、授乳する予定のない方は、授乳機能を温存する必要がないとお考えの方は、かなりバストを小さくすることができます。
通常、全身麻酔で行います。全身麻酔というのは、お薬で痛みを含め全ての機能を止めることで体への負担を最小限に止めながら手術が行える麻酔方法です。
一般的に全身麻酔は怖いという印象を持ってしまっている人が多いのですが、全身麻酔は決して危険でリスクの高い麻酔方法ではなく、
安全に手術が行える麻酔方法であるということを知っておく必要があります。

こんな方にお勧め

  • 胸を小さくしたい方
  • 体の大きさに比べバストが大きすぎる
  • 胸が大きく垂れ乳感が強い
  • 胸が大きすぎて肩こりがひどい
  • 加齢で胸がたれてしまった

乳房縮小の料金について

乳房縮小は胸の手術の中でもニッチな手術の一つ。そのため治療費用は高額なところが多い。しかし、高額なのはニッチであるという理由ではありません。実は乳房縮小は非常に難易度の高い治療なんです。広範囲な切開が必要であるということ。取り除く組織が脂肪だけではなく、乳腺組織、皮膚などに及ぶこともあり、特殊な医療機器が必要になることも少なくありません。
また、実際に乳房縮小の手術ができる医師というのが少なく、治療できる医師を外部から委託することからコストが跳ね上がり治療費用が高額となってしまう傾向にあります。

乳房縮小の治療費用:120150万円

これが乳房縮小の相場価格と考えて良いでしょう。中には大学病院の教授などの要職を招き入れ、乳房縮小の費用に200万円を越すようなところもあるようですが、よく考えてください。乳房縮小のような特殊な手術を誰が大学病院で受けますか?普通は美容外科で受けるものです。ブランド意識で安心感を得ることが正しいとは思えません。
やはり大切なのは医師の経験と実績、それと人間力です。そのようなクリニックは高額な治療費に設定することはないでしょう。そのため相場価格で治療している美容クリニックを選ぶことは大切なことなんです。

胸の整形『乳房縮小』質問集
Q&A

大きな胸を小さくしたい。でも手術はやはり怖いし簡単に決められることじゃない。でも悩みは真剣で切実。手術って痛いの?費用ってどれくらいかかるの?いろいろな不安はたくさんある。
ここでは乳房縮小に関するさまざまな疑問についてQ&A形式でお答えします。

どこまで小さくできますか?
基本的には希望する大きさまでサイズダウンさせることはできます。問題はどこまで小さくするのかということで除去する組織が違ってきます。乳腺や皮下脂肪を取り除くのですが、将来的な授乳や傷跡などを考慮し、医師は術式を検討しますのでカウンセリングでしっかりと話し合うことが重要です。
術後はどんな状態か心配です。入院は必要ないですか?
術後は胸全体に包帯を巻いて圧迫している状態です。左右の胸にドレーンという管を挿入しており、その部分から血液やリンパ液など胸に貯まらないようにしています。入院は不要ですが、乳房縮小の程度によっては入院を必要とすることもあります。
傷跡が目立ってしまうことは仕方ないんですが、やっぱり気になります。
傷跡は一時的にですが目立ちます。切開するデザインと言うのは除去する乳腺量や希望する仕上がりによって違ってきますので、よく確認しておきましょう。
基本的には乳輪全体を切開することは間違いありませんが、乳輪直下、アンダーバスト部分に逆T字型に切開を加える場合もあります。
乳房縮小はデザインのタイプが非常に多いと言うことは忘れないで下さい。
将来的に授乳に影響が出ることはありませんか?
授乳に影響が出ることのないよう、乳腺や乳管を温存して乳房を小さくすることは可能です。なので授乳に影響が出ないよう治療することができます。

胸の整形

  1. 豊胸術(シリコン)

    大きな胸への憧れを憧れだけにしない、自分をふみ留めない! 豊胸術はあなたの胸の悩み、コンプレックスを解消する唯一の方法。小さ…

  2. 豊胸(脂肪注入)

    小さな胸で過ごすより、大きな胸に変わること。理想のプロポーション、ボディスタイルを手にすることはあなたの人生を豊かに変えてく…

  3. 乳房縮小

    大きな胸の女性が抱えているコンプレックス。胸の大きさは適度にちょっと大きなぐらいが美しくて魅力的。大き過ぎると見た目だけじゃ…

  4. 乳房吊上げ

    垂れ乳、ハリのないバストはマストペクシーで解消しませんか。垂れ乳の原因は乳房そのもの重さ、加重によるたるみ、支えている靭帯の…

  5. 乳輪縮小

    美しい胸というのは、乳房・乳首・乳輪の大きさ、これら3つバランスが大切です。特に乳輪は大きさだけじ…

  6. 陥没乳頭

    陥没している乳首、平らで凹凸のない乳首のお悩みは『胸の美容整形手術』で速やかに解消することができま…

  7. 乳頭縮小

    大きな乳首って恥ずかしいし、みっともないと感じている女性。意外に多いんです。大きな乳首の悩みなんてなかなか誰にも相談できませ…