脂肪吸引

運動やダイエットなんてしない!
部分痩せなら脂肪吸引が確実で実は安全。

脂肪吸引って危険って思ってませんか? 実はそれこそが大きな間違い。運動やダイエットで痩せたい部分だけ痩せることはまず不可能。なぜなら運動で痩せることはないから。
脂肪吸引は、細くしたい部分の皮下脂肪を吸い取ってしまうので、治療直後から効果を実感することができる究極のプロポーション作りなんです。
運動することは悪いことじゃない。もちろん、健康面では大切です。でも部分痩せを目的にする運動はリスクしかないことを知っておくべきなんです。それに脂肪吸引は他の治療と比べても非常に安全だと言うことを知って下さい。

脂肪(しぼうきゅういん)

究極の部分痩せ

脂肪吸引とは、運動や食事制限などダイエットは違い、ボディスタイル、体のラインをあなたの理想の姿に整える彫刻のように皮下脂肪、余分な脂肪を削ぎ落とす(吸い取って)美容外科手術のこと。皮下脂肪という組織、脂肪細胞を吸い取ってしまいますので再発することなく美しいボディラインを手に入れることができます。

脂肪吸引

最近の報告では一度取り除いた皮下脂肪は若干再発すると考えられていますが、それは細胞レベルので若干の増加の可能性であって、細くなった部分が元に戻ってしまうような再発を引き起こすということはありませんのでご安心下さい。

脂肪吸引のできる場所

脂肪吸引は皮下脂肪を吸い取る治療ですので基本的には皮下脂肪がある部分はどこでも可能です。しかし、皮膚の薄い部分や脂肪層の薄い部分などは吸引による凹凸のリスクが高くなるためお勧めしないことがあります。
以下の部分は一般的によく行われている脂肪吸引の場所になります。

小顔・二重顎

顔の脂肪吸引ですが、頬を中心にフェイスラインをシャープに削るように皮下脂肪を吸い取れば顔を細っそりと仕上げ、小顔にすることができます。また、顎下、二重顎もたるみではなく皮下脂肪が原因であれば『二重顎の改善』も可能です。

顔の脂肪吸引は顎下から直接脂肪を吸い取ることもできますが、基本的には耳たぶの根本部分、付け根部分を少し切開し、そこからアプローチして頬や顎下の皮下脂肪を取り除きます。

腕痩せ、上半身痩せの効果

二の腕、脇肉部分、ブラに乗っかってしまうお肉。それ、おそらく皮下脂肪です。二の腕や脇肉部分というのは皮下脂肪の層も比較的厚みがあり十分脂肪吸引が可能です。

ただし、二の腕は全周の皮下脂肪を吸い取れる訳ではありません。基本的には外側、筋肉の反対側の皮下脂肪、二の腕半周の脂肪吸引です。

お腹ぽっこりお腹・くびれ

脂肪吸引で一番人気の高いのがお腹の脂肪吸引です。ぽっこりお腹やウエスト周りのお肉、年々なくなってしまうくびれ、浮き輪状態のお肉などお腹の皮下脂肪で悩んでいる方は多いんです。

運動やダイエットなどする必要なし!ただベットで寝ているだけ。それだけで数日後にはお腹の余分な皮下脂肪がなくなるんです。それがお腹の脂肪吸引の人気の秘密です。
お腹、ウエスト、腰周りのお肉はお腹の脂肪吸引で解消しましょう!

脚痩せ・美脚

脚の脂肪吸引ですが、太ももを全体、全周の皮下脂肪を吸い取ることもできますし、内側だけ、外側だけと言ったようにあなた自身の気になるポイントの皮下脂肪だけを吸い取ることも可能です。費用、お仕事・ダウンタイムの取れる期間などを含め要望で対応することができます。

また、太ももだけではなく、ふくらはぎや足首の皮下脂肪も吸い取って脚を細くすることができます。脚全体の脂肪吸引も可能ですが、広範囲に及ぶため痛みや吸引量(3,000ml以上の脂肪吸引)に問題を生じる可能性があるため場合によっては2回に分けて治療することが望ましい場合もあります。

こんな方にお勧め

  • 部分痩せしたい
  • たるみを解消したい
  • 小顔・頬痩せしたい
  • 二重顎を治したい
  • 二の腕を細くしたい
  • お腹痩せしたい
  • ぽっこりお腹を治したい
  • くびれを作りたい
  • 太ももを細くしたい
  • ふくらはぎを細くしたい

安全性について

脂肪吸引は怖い、危険という印象を持っている方も多いでしょう。でも本当に危険な治療なんでしょうか?
そんな事はありません。脂肪吸引は歴史があり、治療効果は非常に高く満足度も十分にある治療です。
しかし、脂肪吸引の事故が報告されていたり、SNSやネット上でのトラブルや失敗事例もよく目にします。当然それを見てしまうと脂肪吸引って危険だなって感じてしまうのは当然です。
本当に脂肪吸引は危険なのか?
繰り返しますが、脂肪吸引は皮下脂肪を吸い取るだけの治療です。脂肪は除去したところで体に何ら害を及ぼすことはありません。ですので脂肪吸引という治療そのものは危険じゃないんです。
問題なのはそれを行う医師の技術や経験、安全性を担保できない医師や美容クリニックで脂肪吸引を受けることが危険なんです。

効果・満足

脂肪吸引の効果ですが、実感できるまでにそれ程の時間はかかりません。腫れの状態によっても違いますが、早い人だと脂肪吸引の術後3、4日で細くなった変化に気がつくでしょう。

脂肪吸引は非常に満足度の高い治療です。皮下脂肪を丁寧に吸い取れば確実な効果を出すことができるためです。そのために必要なことは医師選びです。やはりより高い満足度を得るためには技術力の高い医師を選ぶことが必要となります。

経過

脂肪吸引の術後の経過についてご説明します。

仕上がりまでの経過

脂肪吸引の術後の経過ですが、吸引量、吸引範囲で腫れや内出血の程度は変わってきます。ここでは脂肪吸引全般の経過についてご紹介します。各部分における脂肪吸引の経過はそれぞれの部位の脂肪吸引の紹介ページで紹介しています。

吸引部の状態

吸引部の状態ですが、術後4、5日は腫れや内出血があるため細くなったという変化は実感しずらいです。抜糸が1週間後にありますが、その頃には腫れがある程度落ち着きますので少しずつ効果を実感することができます。
10日頃からは吸引した部分に硬くなり始めます。これは吸引した部分の総称治癒の経過の一つで一時的に硬くなります。マッサージすることで回復は早まりますが、そのままにしておいても時間が経てば柔らかくなります。

内出血

脂肪吸引の術後の内出血はほとんどの方で出ると考えて良いでしょう。術後2、3日で出現しますが、脂肪層は深い部分にあるため、3、4日以降で出現する場合もあります。いずれの内出血であってもすべて1週間程度で消失します。内出血は残ったりなんらかの後遺症となることはありません。

腫れ

術後の腫れは当日の夜間から翌日にかけて強く起こります。2、3日がピークで1週間程度6、7割の腫れが落ち着きます。吸引料や吸引範囲によっても違いますが、顔などの脂肪吸引の場合は1週間でほぼ腫れは無くなりますが、太ももやふくらはぎは吸引量が多いため腫れが落ち着くまでに少しお時間を要することがあります。

痛み

術後の痛みは強い筋肉痛のような痛みです。内服で痛みは抑えることができます。クリニックによっては内服だけではなく、シール等の強い痛み止め(医療用麻薬)を処方してくれるところもあります。

副作用・リスク

どんな治療であってもリスクはあります。それは脂肪吸引でも同じこと。ここでは脂肪吸引で起こりうるリスク、問題点についてご紹介します。

表面の凹凸

脂肪吸引の術後に表面部分の凹凸ができてしまったというトラブルは少ないことではありません。どうして凹凸が起こるのかというのは単に技術的な問題です。脂肪吸引で吸い取る皮下脂肪の層が浅いと皮膚表面の凹凸を作りやすくなります。
皮膚表面の凹凸の修復については、再度脂肪吸引でその凹凸を均すように仕上げる場合もありますし、酷いケースですと脂肪注入で陥没部分を補填することで修復は可能です。

仕上がりが不自然

仕上がりが不自然という状態というのは、左右差であったり、痩せたけれども細くなった部分が不自然に陥没、凹んでいるなどの状態です。それぞれの状態によって修復することは基本的には可能です。

完成の先にあるもの

脂肪吸引

脂肪吸引を受けた方は、今まで気になっていた部分、コンプレックスに感じていた部分が細くなったことから、スタイルに自信を持つことができ、おしゃれに余裕が生まれます。おしゃれに余裕が生まれると本当にキレイに変わることができるんです。部分痩せは二重にしたり鼻を高くする整形とは違い、痩せたことによって自信が付いたことから生まれる自然な美しさです。容姿のコンプレックスが解消するということは本当に素晴らしいことなのです。

名医・お勧めクリニック

クリニックの選び方

吸引に対する疑問・質問

Q&A

脂肪吸引をもっと知りたい、脂肪吸引を受けてみたいけどやっぱり怖いし不安も大きい。ここでは脂肪吸引に対し、さまざまな悩みを抱えている方のために少しでも不安を解消できるよう脂肪吸引について解説しています。是非参考になさって下さい。

効果について不安です。痛い思いをして効果が少ない、最悪効果が無かったなんてことにはなりませんか?
いいえ、脂肪がきちんと吸引できれば必ず効果を実感することができます。脂肪吸引の前に想定吸引量を確認し、脂肪吸引の適応があると判断されれば効果は確実にあります。脂肪吸引で失敗しないために大切なのはカウンセリングです。最低でも3つ以上の美容外科で診察を受け、脂肪吸引の適応、効果を確認することも大事です。
ダウンタイムはどれくらい必要ですか?
脂肪吸引のダウンタイムですが、吸引場所、吸引する範囲によって大きく違います。例えばお腹の脂肪吸引でウエスト部分だけだと基本的には翌日から仕事ができるレベルの負担です。しかし、太ももの脂肪吸引の全周法で想定吸引量が2,000mlを超えるような場合ですと4、5日程度のお休みが必要です。

脂肪吸引以外の部分痩せ

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射

部分痩せの方法は脂肪吸引だけではありません。脂肪を溶かして部分痩せするメソセラピー(脂肪溶解注射)という治療もあります。

脂肪溶解注射

部分痩せ

  1. 脂肪吸引

    脂肪吸引って危険って思ってませんか? 実はそれこそが大きな間違い。運動やダイエットで痩せたい部分だけ痩せることはまず不可能。…

  2. 脂肪溶解注射

    「この脂肪がなかったら」体の一部に気になる余分な脂肪ありますよね。脂肪吸引までは必要ないけど… そんな悩みを手軽に解消できる…

部分痩せBody style